イタリア・ミラノ旅行記 ドゥオーモ&スフォルツァ城

前の記事

高速鉄道でローマからミラノへ

ヨーロッパの電車はなかなかにスタイリッシュ。
ローマからミラノまで確か3時間弱で行けました。

ちなみにこの旅では事前にユーレイルパスと言うヨーロッパの電車が乗り放題になる券を購入していて、この日から使えるようにしていた

ハズでした。

…がどういうわけか、使用開始日を間違えて1日遅れにしていて実際は使えずに、結構な料金を支払う羽目になってまったんですが。
何故そんな大事な事を間違えたのか我。

ただまぁユーレイルパスがまだ使えなかった⇒乗車券無しで乗ったと言う事になり、本来は違反切符を切られる所だったんですが、そこは通常の料金でOKにはしてもらえました。

『やっぱり今日から使用に変更して!!』って事はできませぬので、ユーレイル使用の際はお日にちを間違えぬよう。

昼食はミラノ駅構内にあるお店でちゃちゃっと済ませる。

駅構内のお店の割にはちゃんと美味しかった記憶。

あと確か…

商品を受け取った際に隣の人に接触して、その人のコーヒーを派手にこぼさせてしまって必死に謝った記憶。

幸いコーヒーはトレー内でこぼれたのみで体にかかったりしたわけでは無く、普通に許してもらえた記憶。

…なんか改めて思いだしたらば、イタリアでは結構トラブってるな自分…三味線忘れそうになったりもしたし。(ほぼ全て自分の不注意だけど)

ドゥオーモ大聖堂(Duomo di Milano)

ミラノと言えば

やはり

これでしょう。

荘厳。

美麗。

あじゃぱー。

一面に巨大なステンドグラス。

このレベルの繊細な物がずらーーっと並んでいる訳で、そりゃもう口も半開きのままになりますやね。

黄金のマリア像。

本来はドゥオモ中央の最も高い尖塔の上に飾られているらしいので、これはレプリカですかね。

…ちなみに大聖堂の上までエレベーターでいけるチケットを買っていたんですが、時間が無くて&行列が酷くてこの時は結局内部見学だけで終えました…

大聖堂横には謎の顔がわんさか。

ちょっと怖いよ。

某ヘリウム声のネズミの国の某場所の元になったところ(ガレリア)もありましたよ。

言われてみればこんな感じの場所あった気ーするなぁ…

…ネズミーランドとかもう10年位行ってないのであんま記憶にないす。

ちなみに自分、ネズミ王国は個人的にあまり好きでは無かったりします。(ぇ

何故だかあまりいい思い出が無い…何故だか。

アイスは人を裏切らないから好きです。

っていや別にそんな特に人に裏切られた事も無いんだけど。

美味しかったハズ、ただ実際のアイスの写真は紛失。

スフォルツァ城(Castello Sforzesco)

古城です。

門です。

中です。

ぬこです。

平和の使者です。

 

そんな感じでかなり適当と言うか駆け足な写真頼みの記事になりましたが、それに負けない位実際のミラノ滞在も駆け足でした。
なんせ朝にローマから一気に移動、昼ちょい前についてダーッと観光して翌朝にはまた移動って感じだったので。。

もうちょっとのんびりしたかった気もするけど、一応ドゥオーモは見れたし本場ミラノ風ドリアも食べれたから良しとします。

ちなみに某サ〇ゼリアの某人気メニューとは全く別物で

Saffron Risotto Milanese Style

こういうひたすらまっ黄色い、あまり写真映えしないドリア…というかリゾットです。

美味しいと言えば美味しい、けどまぁイタリアって美味しい料理沢山あるんでわざわざコレチョイスしなくても良いんでない?って言うのが個人的な感想。(ぇ

折角ミラノ行ったんだから一度は食べてみないとね、と言う事で食べたけども
もし次来る機会があったらもっと普通のイタリア料理で良いかな…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)