イタリア・ローマ旅行記 ナヴォーナ広場~スペイン広場~トレビの泉

前記事

ナヴォーナ広場

天気がまた崩れそうで崩れない、なんとも微妙な感じですが…

それでも結構な人が居ましたね。
スペイン広場と並んで有名な広場であるとの事。

本来はストリートパフォーマーやミサンガ親父で賑わう場所のようですが、なんせ午前中が雷雨だった事もあってかこの日はそう言った人はあまり見かけませんでしたね。

近辺にはこ洒落たカフェやレストランがありました…が自分はほとんど通り過ぎただけでした。。
そんなに時間も無かったし。

広場中央には、4つの大河(ナイル川、ガンジス川、ドナウ川、ラプラタ川)を擬人化した彫像の噴水型のオベリスク・Fontana dei Quattro Fiumiがある。これらの彫像は、バロック時代ジャン・ロレンツォ・ベルニーニによって造られたものである。(Wiki

…と言う事で結構有名な噴水のようですが。

個人的にはどうしても

おったまげたのポーズだなこれ』

とか凄いどうでも良い事を考えたり

凄いおったまげている人の膝だとか腕とかにのんびり止まっている鳥を見ると、ああ平和だなあとか

やっぱりすんごいどうでも良い事ばかり考えてしまう、ロマンの欠片も無い自分です。

どこやコレな写真達

ローマは1日の間にかなり歩き回って、もはやどの写真がどの場所だったか正直記憶にありませぬ。

ただまぁ、街並みは綺麗ですねやっぱり。

サンタンジェロ城と言うらしい。

グーグル先生曰く。

確か上の城付近にあったマーケット。

どうでもいいけど一番手前の司祭プロマイドみたいなのってどういう人が買うんだろうか。

すんごい良い笑顔だけど。

すんごい白いけど。

油断するとファンになりそうだけど。

えらい重厚な建物…

最高裁判所らしいです。

グーグル先生曰く。

ウンベルト1世橋…と言うらしい。

グーg

晴れてたら眺め良さそう。

スペイン広場

ローマで最も有名な広場。

映画『ローマの休日』の撮影に使われたようで、ここの階段でジェラートを食べるシーンがあったとかで、一時期それを真似て大量のジェラート観光客が居たようですが、あまりにも皆が皆ジェラートして階段がジェラートまみれになる為、今では階段ジェラートは禁止となったようです。

何というジェラート。

そりゃまぁこんな数行の間に6回も『ジェラート』と記述しまうような場所ですからね、禁止にもなりますやね。

若干ゲシュタルト崩壊しそうなジェラートですね。

天気が微妙であっても観光客はワラワラ

階段の上の方まで上がってから下を見下ろしてみると

見たまえ、人がゴミのy(もはや恒例

トレビの泉

…ではない。

泉に向かう途中にあった、名もなき泉。

いや本当はちゃんと意味のあるものなんだろうなあ、とは思いつつも調べる気力もなく

とっとと本物を見てみましょう。

へぇー

へぇへぇへぇへぇ

へぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇ
の の
…も…
__へぇ-

 

と言う訳でこれまたとんでもない人の数でした。

多分ここの一瞬だけでも300へぇは稼げる感。

人混み嫌いな自分は数分居るだけでも呼吸困難になりそうだったので、ほんと撮るもの撮って3へぇぐらいしてとっとと逃げ出しました。

てかこうやって改めて見ると、後半は若干天気回復してきてたようですね。

その他

もはやどこで撮ったのか記憶にない方

観光地では像のポーズをマネして写真撮る人とか結構見かけるもんですが、この像の真似したら多分、と言うか十中八九捕まりますで。

晩飯はマルゲリータでした。
シンプルイズベスト。

 

何か過去最大級にてっきとうな旅行記でしたけど

ローマの話はこれにて終了です。

…ってかここんとこ、超雑日記が続いてますね。

ある意味本領発揮です。

根は怠惰です。

でもそろそろもうちょっと真面目に書くか。

否、めんどい。(気分屋)

 

次の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)