ウェリントン1日観光モデルコース(徒歩)

何か最近ウェリントン関連の記事が良く読まれてる…
夏が近づいてきて旅行計画している人が多いのだろうか?

それならばウェリントンに観光予定の人に多少なりとも役に立ちそうな記事を書いておくかな、と言う事で今回のネタです。

ウェリントン自体はそれほど大きい街では無く、特に中心部だけであれば頑張れば1日で見て回れます。
今回はもし1日でざっと見て回る場合に抑えておくと良いと思われるスポットを紹介していこうと思います。

とりあえずウェリントン駅

観光のスタート地点は人によって変わってくると思いますが、今回は分かりやすさ重視でとりあえずウェリントン駅スタートとしておきます。バスターミナルもあってエアポートバスも止まりますからね。

一応駅から始まってぐるっと街を周ってまた駅に戻ってくる…と言うコースで紹介するので、ルート上であればどこからでも始められるとは思われます。

ビーハイブ(国会議事堂)

駅から徒歩数分の所に、ウェリントンのシンボルの一つのビーハイブがあります。

単純に外から眺めるでも良いですが、周辺に公園もあるのでちょっと散歩してみても良いやもです。
ビーハイブ隣にある国会議事堂も立派な建物なので、そちらも一緒に見学するのが吉。

ちなみに国会議事堂内部の見学ツアーも無料で行われているので、時間に余裕のある方は参加してみると良いかも。

ラムトンキー(Lambton Quay)を通ってケーブルカー乗り場へ

ラムトンキー自体は特に何があるってわけでもないですが、ビジネスエリアなので洗練されたレストラン、バーが並んでいます。

ショッピングエリアでもあるので、買い物好きな人は途中色々お店を覗いてみるのも良いかと。(時間があれば…)

そしてこの通りの途中に、ウェリントン名物ケーブルカーの乗り口があります。

ちなみにケーブルカー駅の入り口は若干分かり辛い(ビルの間の細い道を行った先にある)ので、地図でしっかり位置を前もって確認しておいた方が良いと思われます。

一応目印もあるにはありますが、何故だか見落としやすい感…

片道$5、往復$9なので帰りもケーブルカーに乗るつもりなら往復を買った方がいいですが、もしケーブルカーの終着駅にあるボタニックガーデン(後述)をじっくり見て回るのであれば、片道だけ買って帰りは歩いて降りてくることをお勧めします。

途中、レインボートンネルを通って

終着駅からはウェリントンの代表的な景色(ガイドブック等にも良く載ってる景色)を眺める事ができます。

また、終着駅にはケーブルカーの歴史を学べる小さい博物館もあるので、興味がある方はそちらも覗いてみると良いかと。

ボタニックガーデン散策

ケーブルカー終着駅のすぐ隣にボタニックガーデンがあります。

ここはかなり広くて、全てをじっくり見て回ると2,3時間はかかると思います。
中心部をただ通り抜けるだけであれば30分もあれば大丈夫かと。(歩く速度にもよりますが)

ここを散策した後にまたケーブルカー乗り場まで戻ってくる事も可能ですが、時間と体力があれば園内を通り抜けて徒歩で街に降りる事をお勧めします。

ただなんせ花がメインなので、季節によってはこれといって見所がなくなってしまう事も…
一番楽しめるのはもちろん、春ですね。(9月下旬~11月頃)

Thorndon で休憩

ボタニックガーデンを通って北に抜けると、Thorndonと言う小さい町に出ます。

(いくつかルート候補が出てますが、個人的には真ん中突っ切るルートが良いんでないかと思います。)

ここは特にこれといって観光する物があるわけではないですが、雰囲気の良いレストランやカフェがいくつか建ち並んでいるので、ボタニックガーデンを歩き回った後にちょっと休憩するには良い場所かと。

無理して寄るほどの場所でも無いと思うので、あくまで時間に余裕があれば…ですね。

参考記事

ラムトンキー再び & キューバストリートへ

ケーブルカーで降りてくる場合も Thorndon に行った後に徒歩で降りてくる場合も、再びラムトンキーにたどり着くので、そこからキューバストリートに向かいます。

途中、OLD Bank Shopping Arcade と言う元々銀行だった所をショッピングモールにした所があって、内装が綺麗なので中を通ってみると良いやも。

いくつかカフェ等ちょっとした食事処もあります。

このモールのすぐ近くにウェリントンの図書館もあるので、興味ある方はそちらを覗いてみても。
フリー Wifi も有り鱒。

あとすぐ隣にアイサイト(観光案内所)もあるので、情報収集にも。

他にも近辺にアートギャラリーがあったり、Lamason と言うコーヒーが美味しいカフェ(日曜休み)、Press Hall フードコート(こちらも日曜休み)等もあったりまぁ色々お店もあるので、少し時間を取って周辺散策しても良いかもですね。

…そう、NZは日曜お休みのお店(主に飲食店)って多いので観光する際は若干注意です。

キューバストリート

ウェリントンで最も賑やかなストリート。

いつ行っても誰かしら路上パフォーマンスをやっていたりします。

雑貨店やカフェ、レストラン等割と何でもあります。
比較的リーズナブルに食べられるお店も多いので、ランチスポットにも良さそう。

ハンバーガー&マレーシアとかパスタ屋とか、あとキューバストリートからはちょっと逸れるけどインターナショナルフードコートとか…この辺りは割と安めだと思います。

カフェであれば OliveMidnight Espresso 辺りがランチには良さそう。

高級店?

…は良く知りません。(ぉ

と言うか高級系のお店は大抵ガイドブック等に載ってますやね。

Leeds Street

キューバストリートからすぐ近くに、Leeds Street と言う細い路地があります。

ここには美味しいピザをテイクアウェイできるお店があったり、チョコレートファクトリー、有名なピーナッツバターのお店等個性的なお店が色々あるので、キューバストリート巡りついでに通ってみると良いと思います。

コーヒー好きなら外せない Flight Coffee Hanger

正直ウェリントンは良いカフェがありすぎて、それらを紹介しているとキリが無かったりします。と言うか1日で周るのは無理。

ただ観光者向けで初訪問の人に一つだけ紹介するなら…となると自分はここを選びます。

その他のカフェ検索にはニュージーカフェマップをご利用くださいまし。

こちらのカフェは若干キューバストリートから離れます(とは言え余裕で徒歩圏内)が、ウェリントンではかなり有名なカフェなのでコーヒー好きな方であれば是非足を運んでみてくださいまし。

おススメは『Tasting Flight』と言う3種類のコーヒーが一度に楽しめるセット。
…ただカフェインって短時間であまり大量摂取すると、頭痛を引き起こす事があるのでご利用は計画的に。

キューバストリートから Courtenay Placeへ

キューバストリート散策を一通り楽しんだらば、今度はウェリントンの飲み屋街で色んなバー、レストランのある Courtenay Place
に向かいます。

どうやって向かうかはまぁ好みのルートを通れば良いと思いますが、とりあえず個人的にベタな行き方だと思われるルートと途中に寄れる所をざっと紹介。

国立戦争記念館 (National War Memorial Park)

個人的に戦争系記念館は見ていると悲しくなる(?)のであまり行かないのですが、一応有名どころではあるので興味のある方は足を運んでみると良いかと。

ただ『1日でウェリントンを見て回る!!!』となるとかなり時間が限られる上、ウェリントンにはテパパミュージアムと言う有名な博物館がある為、そちらで時間を使う可能性を考えるとここはまぁオプショナル…だと思われます。
人に寄りけり、後は時間次第。

ちなみにすぐ近くに Havana Coffee Works と言う個人的おススメカフェもあるので、時間があれば寄ってみてくださいまし。(ただし土日休み)

Moore Wilson (スーパーマーケット)

これもオプショナルですが…

他とは違う少し高級な物が売っているスーパーで、ウェリントンにあるケーキ屋&パン屋さんの商品であったり、NZ各地の有名店のお菓子類等が手に入ります。

クラフトビールやワイン、それにコーヒー豆なども売っていて、ウェリントンのお土産探しに使えるかと思います。

いつも地元の人で賑わっていて、いかにも海外のスーパー!と言う雰囲気も楽しめるので、いずれにしても少し寄ってみる事をおススメします。

Courtenay Place

20190627_131732

ウェリントンのほぼ中心部であり、上でも少し書いたように沢山のバーや飲食店が並ぶエリア。

具体的な観光スポットがある訳では無いですが、軽く散歩して町の雰囲気を楽しむのには良い場所かと。

なんせ飲み屋街なので夜遅くまで開いているお店も沢山あります。(深夜まで開いているカフェも…)

ウェリントンで宿泊する予定があれば、夜に来てみると昼とはまた違う雰囲気を楽しめると思います。

テパパミュージアム周辺

ウェリントンのマストビジットスポットの一つ、国立博物館。

無料で入れますが中がかなり広くて、全部をじっくり見て回っていたら3,4時間はかかってしまうと思われます。(見る速度にもよりますが)

ここでどれだけ時間を割くかは各々のプラン次第…ですね。

ちなみに館内ではフリー Wifi も飛んでます故、調べものをする際にも使えます。

サンデーマーケット

もしも日曜日に来た場合であれば、テパパミュージアムの裏側で朝市が開かれています。(14時頃まで)

野菜・果物と言った物以外にも色々食べ物屋台があるので、ランチスポットにも。

(サンデーマーケットに行く場合、ここで紹介しているルートを逆回りで巡った方が良いかもしれません。これまで紹介したところであまり時間取られると、マーケット閉まっちゃいますからね…)

オリエンタルベイ

Oriental Bay
ここも時間に余裕があれば&海を眺める事が好きであれば…ですね。

テパパミュージアムから海沿いに東へ進むとある、人口的に作られたビーチです。

ウォーターフロントを歩きながらウェリントン駅へ

ここまで来たら後はスタート地点であるウェリントン駅へ向かうのみ。

晴れた日であれば海沿いを歩いているだけでも気持ちいです。

途中、割と広めの公園があったりアイスクリーム屋があったりします。

また、土曜日であれば地元アーティスト作品が色々手に入るちょっと変わったマーケットが開かれていたりもするので、タイミングが合えば&時間が合えばそちらも。

ウォーターフロントには海が眺められるレストラン等も多数あるので、ディナーにも良さそうですね。

まとめ

そんな感じで

自分なりにウェリントン中心部を1日で無理やり徒歩で見て回るコースでしたが、大雑把にまとめると以下のような経路になります。

(※グーグルマップの仕様上、経由地設定数に限りがあるのでケーブルカー&ボタニックガーデンは省いています。)

バスや車などを使えばもっと行動範囲は広がりますし、日程的にももっと余裕があれば他にも見所は色々あると思いますが、今回はあくまで個人的にベタだと思われるところをなるたけ効率よく、徒歩だけで巡れると言う事を重点的に経路設定してみました。

…見ての通りそこそこ距離はある(ボタニックガーデン散策も含めたら8km以上)ので、ある程度体力を要しますけどね。

以上、結構な長文になってしまいましたが…

ウェリントン観光を考えている人に、少しでも参考になれば幸いです。

ブログランキング唐突に参加し始めました。(多分一時的だけど)
もし良ければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

関連記事(広告を含んでいます)

“ウェリントン1日観光モデルコース(徒歩)” への2件の返信

  1. こいつさんのブログ訪問をきっかけに、ウェリントンという都市自体を知ったため、何があるのか全く未知でしたので、こんなところなんだなぁと盛り沢山な情報を読ませていただきました。
    ケーブルカー、名物なんですね〜!
    名物というより住民の足ですが、旅行者の方も楽しめるケーブルカーが、ジェノヴァにもあります〜。しかも、赤い色ではお揃いです(笑)
    https://jacquelinege.blog.fc2.com/blog-entry-402.html

    ケーブルカー終着駅近くのボタニックガーデンもそそられますね。
    たぶん、わたしは庭園好きですねぇ。 
    国立博物館、マストとのことで、どんなものが展示されているのか気になりますね(^_^)

    1. ウェリントンは一応海外の旅行紙などで世界のクールな首都トップ10に何度か選ばれていたりはするんですが…日本人の旅行先としてはあまり認知されていませんねぇ。
      実際良い町だと思いますが、観光…となると出来る事が限られている感は有ります。

      おお、ほんとだ赤ケーブルカー…
      …でも見た所本当にローカルの人用と言う雰囲気ですね。笑
      ウェリントンのは地元の人も観光客もどちらも使っている感じです。

      温かい時期であればボタニックガーデンはおススメです。
      が、冬の時期は微妙…と言うか冬のウェリントンそのものが微妙です。(しょっちゅう暴風になる為)
      ウェリントン観光は絶対的に夏がおススメですね…

      博物館は何か色々ありすぎて分けわからんレベルです。(?
      が、基本的には…地元のアーティストさんの作品だとか、後はマオリと言うNZ先住民族の昔の住居、NZの生き物(現在&過去)、歴史関連の展示が主ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)