今から嘘をつきます。

何故って、そういう日だから。

だがしかし、どこで嘘をついているのかは教えない。

今更自己紹介的なアレ

わたくし、名古屋と奈良と言う結構なな知名度な奴らに挟まれた辺鄙な所出身でして。

そこではね、スタバなんてもんは無い…
と思ってたら最近できたんだなコレが。

ビックリだわ。

すぐ近くには田園風景、からのスタバ。
森に囲まれた山道を 500M 位下ってからのスタバ。
梨農園から徒歩3分のスタバ。

ビックリだわ。

間違いなく都会ではない、だどもTHE・田舎って訳でも無い、まぁ特徴の無い町。

はっきりとした方言のような物はあんま多くは無いんですが、自転車の事を『けった』だとか『けったましーん』だとか言ったりします。なんなら駐輪場に『けった置き場』なんて書いてあることもあったりして。

後、方言は無くても発音は若干特殊かもしれません。

そんな所で小学・中学と過ごしました。
あの頃は純粋少年でした。

高校は…自分の中で空白の3年間で記憶にございません。
青春?何ソレ美味しいの? 青臭そうな響きだけど。

大学はですね、割と雪の多い地域に行きましたよね。
具体名は伏せますが。

ここで出会った友達は個人的にズッ友だよ!!と思ってます。

ちなみに初の海外旅行をしたのはこの時期。

それまでは海外なんて全く興味ない、と言うかむしろでぇっ嫌いで、子供の頃に家族で海外旅行を計画された時に、自分1人だけ『絶対に行きたくない!!』と泣きじゃくって計画をおじゃんにしたほど、海外嫌いでした。

いざ初海外旅行してみたらなかなかに楽しかったよね。
ただ英語なんて絶対要らん・日本に住んでる限り使わねぇーんじゃ、と言う考えは変わりませんでした。

社会人になってからは東京で荒波に揉まれました。
むしろ通勤ラッシュ内の人混みに揉まれました。

なんなら下腹部を揉まれ

た事は無い。

一時期ストレス過多で、もみあげに白髪が増えました。

 

すったもんだあって会社を辞め、ズッ友の一人と雑談して居た時に初めてワーホリと言う制度を知りまして。
その時29歳で、ワーホリはほぼラストチャンス。
すぐに転職活動するより、試しに新しい事をやってみよう…と言う事で一生に一度の機会を使い、初海外長期滞在。

へっぽこな英語がとりあえず旅行では困らない程度のレベルにはなる。が、大多数のワーホリ経験者が口をそろえて言うのと同じように、思っていたほどペラペラにはなりませんでした

だって英語嫌いでそこまで真剣に勉強してなかったもんよ。

それでもいざワーホリ(NZ+AUSで2年)が終わって日本に帰る…?となった時に、何かこのまま帰ったらほんと単にホリデーしてただけじゃないすか?
それってどうなん?2年も海外行っておきながら、そこで得た物が

  1. とりあえず旅行用英会話位はできるようになった
  2. 周りの人(オージー&Kiwiズ)に感化されて色々適当になった
  3. 焼けた

だけ、とか。

ワーホリで得た特別な経験は?
と聞かれたらば、

農薬アレルギーになって顔がすんごい腫れてドルジ顔になった

だけ、とか。
ドルジって誰やねん、とか。

転職活動でプラスになる要素皆無。むしろどマイナス。
ナニコレ、帰っても職無いんでない?

ワーホリ中にわーっほいわーっほいな生活をした後、初めて感じた危機感。
遅いよ、気づくのが。

せめて…海外の現地企業で働きました、位の事があれば大分印象変わってくるんでないか。
元々海外・英語大嫌いだった人間が目指すには無謀な気もするけど、本気で挑戦するのであればそれだけでも得られる経験は色々あるのではないか。

それに…NZに1年住んだ時に思ったのが、皆さん日本人よりも明らかにリラックスして働いているよなあ、と言う事。
単純に自分のキャリアの為、と言うのもあるけどそれ以上にNZにもっと住んでみたい気もしていた当時。

思い切って『本気でNZに住める術』を探して、見つけた方法が永住権

そこで目標を永住権に定め、その為には何が必要か…と考えて足りていない物(英語力、働けるビザ、現地の職業経験)を得るために奔走。

後にも先にも、英語を本気で勉強したのはこの時だけです。(ぉぃ
IELTS が必要だったんでね…

幸いこの時の計画は思い通りに事が運んで、
IELTS 6.5 取得、専門学校(Graduate Diploma)卒業からのオープンワーク取得、現地企業就職、永住権申請・受領…まではトータル1年半位で達成。
やればできる子でした。
滅多にやらないんだけど。
やる気スイッチは直径1ミリで押すのが難儀なんだけど。

今思えば色々と運が良かったよなあ…とも思うけど、ただ人生で一番努力した時期だとも言えます。

あの時のモチベーションは、今はもうどこへやら…ですが。

英語力は少しずつ、確実に上達はしている物の、おそらく普通の人と比べたらば相当なスローペース。
相変わらず、英語に対する苦手意識は消えませぬ。

 

何か書き出したらすんごい長文になってしまったんですけど。

しかももんのすごい個人的な話で、誰も知りたくねへーような事ばっかなんですけど。

 

まぁともあれですね、エイプリルフール。ですよ。

と言う訳で

『これから嘘をつく』

という嘘をつきました。

 

このどうでも良い個人的物語はノンフィクションです。

ブログランキング唐突に参加し始めました。(多分一時的だけど)
もし良ければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

関連記事(広告を含んでいます)

“今から嘘をつきます。” への2件の返信

  1. 日付を見ないまま読み始めたので、どこが嘘なんだろう、これか?いや、これか?と検討をつけながら読み進めましたが、最後の種明かしの前に、いや、「今から嘘をつきます」が実は嘘?というところにも考えが及びました!!
    やったー、当たった〜!(笑)

    昨夜、友人から借りた村上龍の『69 sixty nine』(日本語オリジナル)をよみ終えたのですが、そういった雰囲気ですね、このノンフィクションストーリーは。いや、こちらの方がずっと上品ですし、いつも言葉選びに気を使われていらっしゃると思いますよ。育ちがよいのだろうなぁと(^_^)
    村上龍のは、放送禁止用語や、ブログだったら伏せ字にしておかないと、、、な単語がチラホラありましたが(うん、村上龍だし)、そこに目をつぶったら、声を出して笑える場面が多く、面白かったです。
    今年になってイタリア語翻訳が出たらしいので、どのような翻訳本になっているのか、読みたいぐらいです。

  2. 先を読まれた…!!
    なかなかやりますねぇ。(何を

    こんな謎記事と似た雰囲気ってどんなんや…!!って調べてみたらば自伝小説なんですね。
    まぁこの記事もある意味では自伝…ではありますかの。
    自分は上品だとは思わないし育ちも普通の田舎っぺーですが(笑)、ただアホ記事書く場合でもなるたけ他人を不快にしないよう気は使っているつもりです。

    とは言え文字だけって言うのは誤解を産みやすい情報形式で、また物事の受け取り方って人によって全然違ったりもするので100%誰にも良いと思える表現…って言うのは無理だとも思いますけどね。
    とりあえず訳わからん事で噛みついてくるような人までは相手にしません…笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)