最後の晩餐(にしては地味) at ワルシャワ

いつものようにヨーロッパ旅行記…とか言う題にしようと思ったけども、最後ワルシャワ戻ってきたのはあくまで飛行機に乗る為でして。

特にこれといった写真無いなあ、と言うか以前ワルシャワの話書いたときにほとんど写真放出しちゃっていると言う。

なので旅行記…ってのはちょっと違う感じがしての、この適当なタイトルです。

そしてあと残っている写真と言ったら…

芋。

ぐらいですね。

…PLACKI って言う、一応ポーランドの郷土料理ではあります。
若干芋餅っぽい感じもするじゃがいもパンケーキ。

素朴だけども美味しかった記憶。

後はビアーね。

味は記憶にナス。

お店の外観写真はあったで。

…内装も撮った記憶あるんだけどなあ。
例の如くPC紛失時に一緒にさようならしたんだろな…。

ジモティーな方に人気なお店?みたいで、何か常連客っぽい感じの人が多かった感。

Bar…だと思ってたんだけど、Coffee Shopだったのかアレ。

ワルシャワには夜着いて、翌日の昼前発の飛行機に乗る予定だったのでこの後はどこぞで一泊。

そして翌朝、やたらと良い匂いを垂れ流しているパン屋があったので軽く誘惑される。

まぁ具体的な味は覚えていないんですが…

それでも美味しかった記憶はうっすらあります。

ここもジモティーさん御用達のようで、どんどこお客さん入って来てましたね。

そしてその後はケーキ…

…ってこれはもうドバイ空港だな。

このお店ですね。

これは出国時にドバイ経由した時の写真でやったら混んでますが、帰国時はそこまで混んでいなかったような。

ケーキは普通に美味しかったです。

 

そんな訳で約1カ月程のヨーロッパ旅行の話をほぼ1年かけてやっと終える事となりました。

…スローペース過ぎて、後半なんかもうほとんど記憶ねぇっすよって言う価値の低い旅行記。
やっぱりこう言うのは記憶が鮮明なうちに書いた方が濃いい内容を書けるよね、とちょっと反省しつつ

この後日本戻ってからも今度は日本プチ旅行もしていたので、その辺の話もまた書くんだと思われます。
…相変わらず記憶うっすら旅行記になってまいそうな気はするけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)