2018年最強パスポート、日本。

元ネタはニュージーランドのパスポートランキングが下がった!!って話ですが。

パスポートの強さランキング…?

Henley & Partners と言うロンドンにメインオフィスがある会社が、毎年各国の『ノービザで入国できる国の数』を基準にしてパスポートのランキングを付けているようです。

もうタイトルで言っちゃってますが、そのランキングで2018年は日本が一位になったようです。(シンガポールと同率)

そしてニュージーランドは去年そのランキングで5位だったんですが、それが今年はちょっとランクダウンしてしまったようで…

とりあえずざっと10位までの国を見てみると…

10位(179ヵ国)
リトアニア、ラトビア、スロバキア
9位(180)
マレーシア、スロベニア、ハンガリー
8位(181)
アイスランド
7位(182)
マルタ、チェコ、ニュージーランド
6位(183)
オーストラリア、ギリシャ
5位(184)
カナダ、アイルランド、スイス、ベルギー
4位(185)
アメリカ合衆国、ポルトガル、オランダ、ルクセンブルグ、オーストリア、イギリス、ノルウェー
3位(187)
韓国、スペイン、スウェーデン、イタリア、フランス、フィンランド、デンマーク
2位(188)
ドイツ
1位(189)
日本、シンガポール

…との事でした。

それ以外の国はこちらのリンクからで確認できます。

と言う訳でNZはノービザで行ける国自体は去年の172から182と増加したようですが、他の国がもっと増えた事によってランキング自体は 5位⇒7位 と少し下がってしまったようですね。

ちなみに日本は去年はNZと同じ172ヵ国だったのが、今年一気に17増えて一位に躍り出たようです。

日本もNZもどっちも良いね

ノービザで行ける国が多いと言うのはそれだけ国と信頼されている事だと思ふ。
そう考えると日本のパスポートが1位ってのは嬉しい物がありますやね。

ランキングが下がったと言ってもNZだって行ける国の数自体はほとんど変わらないし、NZも同じぐらい十分信用のある国だと言えると思います。

…ちなみに自分は後数年こっちに住んだらば、その気になれば市民権も取れる ⇒ NZパスポートも取れるんですが。(その場合日本国籍は捨てる事になるけど)
そしてNZ市民権とったらばオーストラリアにも住める&働けるようになるんですよねえ。それって結構大きい様な…

NZのパスポートでも日本にノービザで3ヶ月滞在可能だし、この先もずっとNZを拠点に生きてくならむしろNZ市民権取った方が3ヵ国住めることになって良いんでないかい…?!
好きな時にメルボルンに住めちゃうって良くない?!

…なんて思った事もあるけども

やっぱり日本国籍を捨てる、って選択はまぁできないだろうなぁ自分は。

何だろう、メリット・デメリットの問題…と言うよりは多分気持ちの問題で。
そこそこ海外生活長いのに根が思いっきり日本人、と言うか…上手く説明できませんけど。
たぶんこの先更に長い事こっちに住んだとしても、そこは変わらない感。

ただ一つ、NZの方が良いなあ…と思うのは

パスポートのデザイン。

Passport!

黒地にニュージーランドのシンボルでもあるシルバーファーン。

かっちょ良くないですか?

日本のは何というか地m

嫌いじゃナイヨ

…近いうちにデザイン変更あるみたいですけどね。

ただし中身だけ。

表紙は相変わらず地m

味があると思ウヨ

ブログランキング唐突に参加し始めました。(多分一時的だけど)
もし良ければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

関連記事(広告も含んでいます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)