ヨーロッパ旅行記 -アダムトーレン展望台・夜-

前記事

早めの晩飯を取った後、辺りが暗くなってまいりました。

夜はライトアップされる A’dam Toren

また登るんかい!!ってまぁね、良く言うじゃないですか。

はにわと煙は高い所が好きだってね。

 

…あれ、何か違ったっけ?

何かと煙は…

 

とにかく昼間が天気最悪だったのでリベンジできたらしたかった事と、

いやそれよりも実際には『昼・夜に1回ずつ上る事ができる&ちょっとお土産が付くスペシャルなチケット』を買っていたと言う裏事情があったので、天気悪かろうが何だろうが夜も意地でも行くって言う貧乏性。

タワーの隣にある建物もライトアップされてます。

が、何の建物なのか知りません。

とりあえずスタイリッシュ。

ジェット噴射してそのままどっか飛んでいきそうな形。

地上から展望台まで10秒間でワープできます

子供が喜びそうな。

実際の所高さは大したこと無いので他の所で楽しませないとだしね

高さ自体はそこまで無くても、夜景自体はなかなか良いんですよ!!

この時は風はあるものの、幸い雨は止んで晴れ間も出てましたね。

天気予報的には1日中雨ドバーのはずだったので、嬉しい誤算。

タワー in タワー

展望台にはミニチュアのタワーが設置されていました。

内部を覗いてみると

…何か居る。

何ですかこの無法地帯感。

サタデーナイトフィーバーですかね。

犬が可愛い。

こっちの部屋はなんかゴージャス。

…って言うか、悪魔会?

何で皆羽生やしてるんですかね。

そりゃ和服美女も負けじと羽生やすよね。

テーマは…舞子が森で迷子で空を舞ってオーマイゴーな感じですかね。

知らんけど。

あと、展望台内部にこ洒落バーがあったりします。

あんま綺麗に撮れてないですが…

多分飲み物も良いお値段するんだろうなーとか思いつつ、とりあえず自分にはこ洒落すぎてて鼻血出そうになるので退却。

フェリーで駅前に戻る。

ずっと風の音が…

後はちょろっと周辺を散歩した後、宿に戻って終身。

もとい、就寝。

あ、ちなみに

ここでチケット買った時についてきたオマケは、この栓抜きでした。

もはや模様が剥げ落ちてますが…何故か常に持ち歩いています。

…過去にスーパーとかでちょいとビール飲みたい!とか言って1本だけ買ってきたらば、蓋が回して開けれるタイプじゃない ⇒ 栓抜きが無くて飲めませんでした!!

と言う経験が何度かあったから…だと思う。

鍵と一緒に持ってりゃいつでも飲めるで!!!

ってまぁ言うほど飲む機会無いんだけど。

お酒は嗜む程度です。

…ただし実家に帰っている時とかは普段の4倍ぐらい嗜んだりしますけど。(そのレベルだともはや慎みゼロな感)

 

次の記事

ブログランキング唐突に参加し始めました。(多分一時的だけど)
もし良ければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

関連記事(広告も含んでいます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)