ウェリントン観光をするべき20の理由

オーストラリアのサイトみたいですが、Traveller と言うサイトに寄稿されていた記事で、ウェリントンの魅力について書かれていたものがありました。

これはウェリントン在住者としては要チェックや!!と言う事で今回のネタ。

ちなみにここでのメインタイトルは文字制限もあって上のようにしていますが、実際のタイトルが

『Tips & things to do in Wellington, New Zealand: 20 reasons to visit the world’s coolest little capital』

と言う事で厳密には『ウェリントンでできる事:世界で一番クールな首都を訪れる20の理由』となりますやね。

テパパミュージアム

まぁ確かにここは外せませんわな。

『国立博物館とアートギャラリーを一度に楽しめる、国内で唯一の場所。

あなただけでは見逃してしまうであろう小さなことでも、知識豊富なガイドが鮮やかな語りで楽しませてくれて、また博物館の隅々まで案内してくれるでしょう。』

との事。

ガイド、って居たっけ?

って調べてみたらありました。有料(大人$20、1時間)。

実際相当広い博物館なので、細かい部分はいちいち見てらんない気はします。そういう意味ではツアーに参加してみるのも良いかもしれませんね。

ケーブルカー

これもまぁウェリントンのシンボルですからね。

記事内にも記述はありますが、ケーブルカー降り場の裏にボタニックガーデンがあってこれがなかなか広くて見ごたえがあります。

またボタニックガーデンを通って街に降りる事もできるので、時間がある人はケーブルカーは片道切符を購入⇒ボタニックガーデンを通って街に降りるコースをお勧めします。

WETA STUDIO TOURS

weta workshop

これ、自分は行った事無いんですよね。

ロードオブザリング等の映画の裏側と言いますか、使われていた衣装や敵キャラの造形等、『この映画はこうやって作られた』的な物が見れたり聞けたりするようです。

映画好きならきっと楽しめるんじゃないでしょうか。

…自分は映画は飛行機の中で見るぐらいで、特別ファンって訳でも無いからなぁ。そこまで強い興味はありませぬ。。(日本に居た時はちょいちょい映画館行ってはいたんだけど。)

 

ZEALANDIA

Zealandia

あぁ、Kiwi の友達におススメされていた場所だ。

名前の響き的に動物園みたいなとこかなー、と思ってたんですが実際はだだっ広い鳥獣保護区…ですかね。
オークランドで言うティリティリマタンギアイランドに似たような感じかなーと言う印象。

ただこっちはトゥアタラ(NZ固有種のトカゲ)が見れたりするみたいですが。

首都にこれだけ広い保護区があると言うのはさすがNZと言うか…個人的にいつか訪れてみたい場所ではあります。

散歩、バードウォッチング等が好きな人なら大いに楽しめそうですね。

 

HANNAH’S LANE

どこやそれ、って説明見てみたら

『between Leeds and Eva Streets』

との事。あぁ、確かにあの辺は良いカフェとかバーとかあるやね。

細い路地で一部車も通れないような所ですが、魅力的なお店が多いのでウェリントンに来た時はちょっと通ってみてくださいな。

 

FIX & FOGG のピーナッツバター

Fix and Fogg

おお、これ知らなかった。

弁護士カップルが始めたサイドビジネスだったものが、やたら人気になって本業になった…らしいです。

美味しさの秘密は極深煎りされた、栄養価が高く味も良いアルゼンチン産のピーナッツ。

これお土産にも良さそうな。

…日本の友人にピーナッツバター好きーが居れば。(写真見た限りだとかなり量ありそうなんで、結構がっつり使う人じゃないとなかなか消費できなさそうな予感)

チョコレート工場

これも Leeds Street 上ですね。

NZ で最初のオーガニックミルクチョコレートを出した所のようで、ラッピングが個性的。ニュージーランドのアーティストがデザインしたようです。

少しだけ飲食スペースもあってホットチョコレートやコーヒーも頂けるので、カフェ代わりにも使えると思います。

GELISSIMA GELATI のジェラート

あぁ…これはまた…要チェックな奴や…

語るまでもなく要チェックな奴や…

テパパミュージアムのすぐ近くですね。

SOFITEL WELLINGTON

あぁ、自分にゃ関係ない奴や。

でも旅行者の人なら…

15年の歴史を持つ、NZで初めての5つ星ホテルとの事です。

コーヒーを飲むべし

はい、全力で支持します。
と言うかウェリントンの魅力の半分はカフェです。(何

1年に4,300万カップを生産するロースターがウェリントンだけで 25 もあるらしい…

ZEST FOOD TOURS

食い倒れツアーみたいなものがあるようです。

へぇー。(個人的には適当に散歩がてら街歩きしつつお店を探すことが好きなので、あまり興味なかったりする。。)

 

NIKAU CAFE

A post shared by Nikau Cafe (@nikaucafe) on

ウェリントンシティギャラリーで20年間の歴史を持つ、象徴的なカフェであるとの事。

Kedgeree と言う、スモークフィッシュが混ざっている米料理が人気らしいです。

…お店のインスタページを見た限りだとちょっとどんなものか見つからなかったんだけど。

レシピが載っているタオルが売っているので、それを買えば家でも作れますよ!!との事。

GOLDING’S FREE DIVE

アメリカの『Dive Bar』から生まれたウェリントンで最もクールなバー…

って別にNZでアメリカンする必要無いんじゃないか、とか思った。

…んだけど、ワシここ行ったことありました、友達と。(爆

ここのお店は近くにある Pizza Pomodoro (上にある HANNAH’S LANE の話の所にリンクがあります) のピザを使っているようなので、窯焼きウメーピザとクラフトビアーとか言う至福コンボができますね。

ストリートアート

街の至る所にありますね。

好きな人は散歩しているだけでも楽しめるかもしれない。

確かアイサイトに行けば、ウォールアートマップなるものが貰えるはずです。

キューバストリート

これはもう語るまでも無いと言うか

ウェリントンで最も賑やかなストリートです。

カフェ、バー、レストランが建ち並び、服やアクセサリー、雑貨等も売っているまぁなんでもござれストリートです。

食べる所に困ったらばこの通りを歩いていればとりあえず何かしらあります。

 

PREFAB でブランチ

あぁ、一度行って見たいと思っていたところだ。

ただ日曜閉店なんでちょっと使いづらい所だ。

…そのうちカフェ巡りの一環で行きます。

 MR GO’S

『バーガー オブ ザ イヤー』に選ばれたこともあるってんで、どんなバーガーかと思いきや

それバーガーちゃうで、って言う感じのお店。(?

写真見る限りだと美味しそうではある。

$6か…実際の大きさを見てみないと高いのか安いのか分からないですね。

軽食に良さそうな気はするので、今度機会あったら寄ってみます。

隠れ家的カクテルバー

Havana Bar

Hawthorn Lounge

Forresters Lane Bar (元Motel Bar?)

まぁ色々あるよね、と言う話。

バーは自分はあんま行かないんで詳しくはわかりませぬが…

ただ Havana は一度行って見たい。バー、と言うよりはランチとかに。

オリエンタルベイ

Oriental Bay and Beach

2003 年に埋め立てられた人工ビーチではありますが、実際人気スポットですね。
ビーチでのんびりしている人だけでなく、散歩している人やジョギングしている人を多く見かけます。

クラフトビール

ウェリントン近辺ではクラフトビールの製造が盛んです。

有名どころは Garage Project ですかね。

Aro Valley に Tap Room なるものがあるらしく、そこでは常時18種類のクラフトビールが味わえるようです。

…ちょっと行って見たい。

と言うかいずれ行きます。

以上。

長かった…!

いくつか自分も知らない場所がありましたねぇ。

単純に興味ないから、って所もあるけど記事を見て初めて知って行って見たいって所もいくつかありました。

とりあえずピーナッツバターとジェラートは個人的にチェックしておきます。

ブログランキング唐突に参加し始めました。(多分一時的だけど)
もし良ければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

関連記事(広告も含んでいます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)