とりあえず無事着いてしまった

残念ながら(?)これと言って大きなトラブルもなく。

ただフライト自体に問題は無かったものの、着いて早々に未曽有の台風が来るって言うね…。

土曜は2,3カ所カフェ巡るずぇーーとか思ってたんだけども無理だねコレ

とりあえず明日は地味に優雅な引き籠り生活をするための食糧確保はしておきました。

…大事にならなければ良いけども。

とりあえず今日はそこまでの悪天候では無かったのでちょいと外出、友人とキャッチアップしつつうみゃーもん食っときました。

 

ちなみに今回の Air NZ のフライトでは

まさかの『翔んで埼玉』が見れました。笑

一時期所沢に住んで居た事もあって埼玉には地味に愛着あるので結構楽しめましたね。

『ダさいたま』の英語訳が『Saitamaggot』だったのがなるほどそう訳すか…とか変な所で感動?したり。

そして群馬はやはり秘境だったと言う事を再認識しました。(違)

あと Godzilla も観れましたね。

まさにキングギドラ&モスラ世代な自分としては、ハイクオリティCGのキングギドラにはちょっと感動しつつ、そしてモスラの扱いがちょっと地味で無いか…?と言うか小人はどこ行った、とか思いつつ

 

何か雑ですが

とりあえず生存報告終了。

ブログランキング唐突に参加し始めました。(多分一時的だけど)
もし良ければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

関連記事(広告を含んでいます)

“とりあえず無事着いてしまった” への6件の返信

  1. 長旅、お疲れさまでした〜(^^)

    『翔んで埼玉』、公開前から観たいと思って、日本に関心があるイタリア人にも予告を紹介していましたが、まだ観られておりません。イタリアのウディネという町で毎年4月にFar East Festivalというアジア映画祭が開催されているのですが、『テルマエ・ロマエ』に次いで、武内英樹監督がこの『翔んで埼玉』と一緒に招待されていたとのことです。(監督の妹さんとおつき合いがあって、そのことを確認しました)

    所沢、母の実家がありまして、祖父母はもうおりませんが、その場所に叔父夫妻ともうひとりの叔母が住んでおります。所沢の方は、「所沢はほとんど東京」という感覚ですよね〜、おそらく(^_^)

  2. 翔んで埼玉、埼玉周辺の事情をしっている人間としては面白いと思うんですが、果たして海外の人に理解できるのかはちょっと謎ですねえ。『所沢』と言う言葉を聞いただけでショックを受ける主人公とか、土地を知らん人だと心のツッコミ(?)ができなさそう。
    テルマエ・ロマエはまさにイタリア人には受けそうと言うか、ツッコミ処満載でしょうけど。笑

    所沢は埼玉でも都会部ですからねー(?
    新宿までも西武線一本で行けますし、ほぼ東京としても良いのかもしれません。(??

  3. 前述のウディネの映画祭には、イタリア人以外の観客も行っていると思いますが、日本の方以外の感想を聞いてみたいですね。翔んで埼玉の作者の方のパタリロ!を知っているイタリア人もいるので、ギャグの傾向としてはどうかなと。
    それから、紹介した人の中には、Gacktの大ファンのイタリア女子がいますが、内容はともかく、配役で観たいでしょうね。
    テルマエ・ロマエは、まずタイトルでつっこまれました、、ラテン語なのでテルメ·ローメ(ローマのテルメ[温泉]の意味)と読むそうです〜(^.^;
    フィクションですが、歴史的なことが絡んでくると、ここは違う、これは合ってるとか言われましたねぇ。
    でも、実は個人的には、テルマエ・ロマエは、もうちょっと期待していたなぁ、と。同監督では、電車男やのだめカンタービレを観ていたので。

    所沢、隣りの駅はもう都内ですね〜。新宿まで1本どころか、副都心線乗り入れで、渋谷、明治神宮前(原宿)、果ては横浜まで楽々アクセスですって(笑)
    所沢の人、同じ埼玉で都内に近い川口の人ともまた違うんですよね。
    越谷もわりと都内に近い方だと思いますが、越谷出身の後輩は「地域のことを知らない人に越谷って言っても分からないから、”大宮の近く”と言う」と…(^o^;
    それは、ちょっとビックリでした。

  4. Gackt はなかなかのハマり役でしたよ…!笑

    日本人でも日本を舞台にした映画とか見ると突っ込み所満載だったりしますからね。
    個人的にはそれはそれで楽しかったりしますが。

    所沢は実際かなり便利な所だと思いますねぇ。
    同じ県内でも場所によって雰囲気違う、と言うのはまぁどこでもありそうな。

    自分は出身が三重ですが、海外の人に三重と言っても分からないので『大阪や京都の近く』と言う事は良くありますね…笑

  5. 「同じ県内でも場所によって雰囲気が違う」というより、埼玉県内の都内に近い町の中でも、各町の住民によって東京に対する意識や東京と自分が在住する町との関連性についての考え方が異なっていること、住民性の微妙な違いが面白いなぁ、ということを言いたかったんですね。まあ、それもどこの県でもあることなのかも?なんですが。

    『けった、けったマシーン』という言葉が使われている名古屋と奈良に挟まれた場所というのは、三重だったんですね〜。まあ、同じ近畿/関西地方ということで、『大阪や京都の近く』というのは、合っていますよね。桑名出身の友人がいましたが、名古屋の近くと言っていました。
    三重は伊勢神宮があるので、『天皇家に関わる由緒正しい神社があるところ』と言えば、三重や伊勢という地名が分からない人にも、プレミアム度が上がる気がします〜(^^♪
    わたしは、伊勢神宮を訪問予定に入れていたイタリア人に、そこでお守りを購入してきてもらいました(笑)
    あと、その伊勢神宮と関連性があるのか?どうなのか?万葉集に出て来そうな普通に読むには難しい古来からの地名が住所に残っていますよね、三重には。

    1. 実際伊勢神宮が有名すぎて、三重県そのものより伊勢と言う地域の方が知名度が高いと言うジレンマがあったり…笑
      長野も県自体よりも『信州』のが有名だよなぁ、と言う事で勝手に長野に仲間意識

      地元民じゃないと先ず読めない地名は色々ある気ーしますねぇ。
      自分の出身地もまー毎度発音間違われます。が、気にしない。
      実際自分も住民じゃなかったら絶対読めないし…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)