ウェリントンで花火大会(Wellington Sky Show – Matariki ki Pōneke 2018)

先週クジラが港にやってきた影響で延期となっていた花火イベントですが、本日無事行われました。

マオリの新年、Matariki 関連イベントの一つです。

開催場所のウォーターフロントは大賑わい

花火は6時半からだったんですが、5時半時点で既にこんな感じ。

ちなみにこれは Frank Kitts park から撮っております。
後で分かった事としては、ここは実は絶好の花火ビュースポットでした。

…移動しちゃったんだけどね、この後。。

露店もありましたよ。

内容はまぁいつも週末ナイトマーケットで出ているのと同じような感じで、特にスペシャルな物は見当たらなかったですけど。
それでも5時半の時点ですでに行列ができているお店が多々ありました。

自分はこの時はお腹空いてなかったんで特に何も買わず…

ちょっと移動。

高台に人が集まって来てますね…

自分は公園の端にある、何の建物だったか忘れたけど2階に上がれるところがあったので登ってみました。
6時ちょい前ぐらいに着いたので、そこで30分待機。

始まる5分前ぐらい?の様子。

例の如く人がゴミのy

そして唐突に花火開始

始まったよー

そして

思っていたのと少し違う方向に打ちあがったよー!!

ギャーす!!

人の頭が邪魔でギャーす!!!

本当は手すりにカメラをある程度固定して写真撮るつもりだったのが、予定が狂って人の頭越しに撮らないといけない状況。

花火を手撮りしようなんてーのは土台無理な話で

ブレる。

なんならこういう、花火と言うか…多くの魂がさ迷っている感じになる。
ある意味では芸術かもしれない。
知らんけど。

諦めた。

と言う訳で動画に頼ります。

頼っちゃいます。

で、ラスト。

何気に最初から最後まで結構な規模で、NZにしてはかなり頑張っていた感。(謎の上から目線。…いや日本の花火って凄いから…)
New Year イベントの時と同じぐらいか、それ以上…?
花火自体は10分で終わるので、短いからこその最初から全力投球って事ですかの。

てかカウントダウンイベントの時も思ったんだけど、ウェリントンの花火ってオークランドのそれよりも内容が濃くないですかね?
いやまぁウェリントン云々ってより、もしかするとNZの花火自体が進化しているのかもしれませんが。

一応オークランドに居た時も何度か花火は観たんだけど、全体的になんかしょぼいなあ…って印象あったんだけど。
今回のは普通に楽しめました。

これは毎年恒例で観に行っても良いかもだなぁ。
ウェリントン湾に上がるので湾沿いであればどこからでも見れるし。

…まぁ天気次第になりそうだけど。
今日はタイミングよく快晴で風も無い穏やかな日だったので、綺麗に見えて良かったです。

人の頭さえなければもっと良かった気ーするけどね。仕方ないね。首獲るわけにも行かんでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)