NZは住所を適当に書いても荷物が届く…時もある

最近 Stuff ネタ多いですけど。


漠然とした説明を記入しただけでちゃんと荷物が届く

ある日、New Zealand Post にこんなアドレスが記入された荷物が託されたようです。

要約すると、

『Cust 村の牛がわっさー居るところの道を上ったところにある、パブだったか何だかの反対にある牧場』

と言う感じですね。

一言、

『知らんがな!!!』

NZの村なんてどこも牧場だらけで牛まみれ出汁!!

と言いたくなるようなアドレスですが。

そもそもこれを受理するNZポスト が先ず凄い。

そして結論は既に見出しで分かると思いますが、これがちゃんと目的地に届いたんですね。

まぁ Cust と言う村は人口400人程度の小さなである事、また Cust Service Centre がフェイスブックに上記写真を投稿した事によって現地ユーザーが場所の特定を手助けしてくれた事があったが故ではありますが。

さすがに大きな町だとこれだけの表現じゃ届かないだろなぁ。

ちなみに送り主はほぼ目が見えない70歳のお婆さんで、牧場に行ったことはあっても住所や家主の苗字が読めなかった為、記憶だけを辿ってアドレスに記入したようです。

お婆さんは裁縫が趣味で友人に良くプレゼントをしていたようで、この荷物の中身も手作りのエプロンとテーブルクロスだったようです。

荷物を受け取った方は『荷物がなんとか届いたと言う事に驚いたし、凄く嬉しかったよ!』と言っております。

ちなみにここの表現で tickled pink.. とあって、ピンクをくすぐるってどういうこっちゃ?と思ったんですが

be tickled pink ..は大喜びする、と言う意味のイディオムのようです。へー。

過去にも同じような事があったらしい

webandi / Pixabay

1年前の話になりますが、

『かわいらしい庭のある古い家…大きな一本の角を生やした白いヤギが居る道路の向こう側』

と言うやっぱり

『知らんがな!!!』

NZなんてヤギだらけ毛が刈られた羊だらけで区別つ寒梅!!

と言いたくなるようなアドレスでも、ちゃんと手紙が届いたようです。

庭のある古い家なんて、NZでは8割ぐらい当てはまるんじゃないかって言う。

『一本角』のヤギが大きな目印になったんでしょうが… ユニコーン ならぬ ユニゴート。

他にも『学校の向かいにあるバタフライハウス』とかでも届いたようですね。

とは言え当然届かない事もある

pixel2013 / Pixabay

NZポストの広報さん曰く『メインストリートにいる婆ちゃん』とか言う漠然としたアドレスでは、地元民の助けによって届けられることはあるものの、やはり届けらない事もあるようです。

特に最近は住所の読み取りも機械化されてきているようで、ちゃんとしたアドレスを書かないと配達が遅れたり、送り主の元に返却される可能性があるとの事。

その際送り主の住所が書かれていない場合は3ヶ月まで保管された後、廃棄されるようです。

 

…と言う事でNZならではと言うか、人口が少ないからこそ可能だったと思われる曖昧住所配送ですが、

『よーしそれじゃ自分も試してみるぞー』

とか言ってマイフラット宛に

新世界のある道をビャーっと行って、ラウンドアバウトだったか何だったかをギューンと周って、坂を上ってだーっと行った所にあるぼっさい家

などとアドレスに書いてプレゼントを送るのはやめてください。

 

いやむしろやってみて下さい。

どうなるかちょっと見てみたい!!

 

…あ、そもそも自分にプレゼント送ってくれる人とかおらんわ。

ブログランキング唐突に参加し始めました。(多分一時的だけど)
もし良ければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

関連記事(広告も含んでいます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)