永住権難化…

今週はまぁこの話題がホット(?)ですねえやっぱり。

毎度の事ではあるものの、数日前急に移民ポリシーが変わって永住の取得が難しくなりましたとさ。

具体的には申請に必要なポイントが20アップ、& 今まではNZで数年経験あったりすれば提出の必要のなかった英語力の証明が提出必須に。(IELTS6.5以上やその代わりになる英語テスト…TOEFLやら何やら)

まぁ移民多すぎじゃー(特にオークランド)って話は毎日のようにラジオで討論されてるし、近いうちに厳しくはなるだろうなぁとは思っていた物の、ほんと急に…笑

この変更があるより半年ぐらい前に『オークランド以外で申請した場合は+30ポイント』ってのがあったので、今回の変更と合わせ技で政府としては本気で『もうオークランドには来るな』ってやりたんだろうなぁとか思う。

ただ難しくなった、って言ってもやっぱり他の国と比べたらまだ難易度低いのは間違いなく、努力さえすれば届く範囲だとは思いますけどね。
条件+20に関してはオークランド外で申請すれば問題無いし、英語に関しては…そもそも避けて通ろうって事自体が間違いで。

IELTS6.5って割と絶妙な点数?で、ほんと現地企業で働くのに『最低限』の点数だなあ…とまさに点数ギリギリでクリアして、仕事でかろうじて最低限のコミュニケーションを取って何とかやってきている自分は思うのです。
いくら技術職なら技術である程度勝負できるとは言え、それでも全く会話無しで仕事できるわけもなく。
メールだってするし、技術書読む必要も有るから Reading, Writing だって必要ですからねぇ。

ただ今回ある意味一安心したのは、不足職業リストの変更は無くて個人的に一番心配している『シェフ系』の職がまだリストに残っている事。
…友人・知人にもちょいちょい居ますからねえ、シェフで永住目指している人。

まぁ完全に私情ではあるんですが、皆が目標達成するまではリスト維持してほしい…
…っても変えるときは今回みたいに急に変えるんだろうなぁ。

恐ろしや…
…まぁ何であれ世の中ってのは常に変化する物で。
決断すべき事は先延ばしにせず極力早く、そして変化に対応できるように何かしら自分だけの能力・技術を持っておく(&磨いておく)事はやはり大事ですやね

などと割と真面目な事を考えた今週。

反動で来週あたりバカになるかもしれません。(謎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)